車検には不可欠な自動車税納税証明書について

車を所有するためには、車検を避けて通ることはできません。
そのときに車検費用が掛かるのはもちろんのこと、用意すべき書類があることも知っておきましょう。
自動車税納税証明書は代表的存在です。
こちらを車検時に提示することで、自動車税をきちんと払っている証明にもなります。
そのためには、納税証明書を保管することが大切です。
しかし、なんらかの事情で失ってしまっても再発行が可能です。
登録車の場合は各都道府県の自動車税事務所で、軽自動車の場合は住所地の自治体窓口で行います。
再発行の申請に際しては、車検証(写)などの書類が必要になるため、事前に確認しておくとスムーズな手続きが可能です。
また、登録車の車検を受けるとき、所定の条件を満たす場合は、納税証明書の提示を省略できるようになりました。
その背景として、納税証明書の電子化が挙げられますが、全都道府県で対応できていないため注意が必要です。
他の都道府県へ引っ越し予定の人はもちろん、そうでない人も納税証明書はきちんと保管することをおすすめします。
なお、自動車税の納付は義務付けられているため、きちんと納付することが大切です。