歯科経営の悩みはグループコンサルティングで

私たちが健康で過ごすためには、医療機関との付き合い方が大切です。
特に、歯科医院は身近な存在といえます。
そのため、治療方針はもちろん、院内の設備などによって歯科医院を選ぶ患者さんも少なくありません。
それだけに、いかにして経営するかが歯科医院の大きな課題になります。
しかし、歯科経営の悩みを相談できる機会を見つけることは大変です。
医院のスタッフにも相談できないかもしれませんね。
そのような経営者にとって「歯科経営塾」は大変心強い味方ではないでしょうか。
こちらは、5人でのグループコンサルティングを行なうため、少人数で学べるメリットがあります。
コンサルティングに参加することで、悩みを直接解決できるチャンスも生まれます。
参加者は1医院1人(理事長、院長)で、参加は1度きりですが、それだけで十分価値がある内容だといわれています。
歯科経営塾が手掛けている、具体的なアドバイス(抽象的ではない)にも注目です。
実際、歯科経営塾に参加した人からは、経営が上向きになったという喜びの声が数値とともに寄せられています。
そのため、歯科経営を見直したい人は歯科経営塾に参加してはいかがでしょうか。