確定申告で還付金を受け取ろう!

確定申告をする必要が無い人でも、確定申告の手続きをすれば、払いすぎている税金の還付を受けることができます。
例えば家族の年間の医療費が合計で10万円以上になった時や、ふるさと納税のような特定の寄付をした時、災害や盗難の被害にあった時等になります。
確定申告は一般的に2月16日から3月15日の間が受付の期間ですが、還付申告のときには1月中旬頃から手続をする事ができます。
早めに手続きする事で早く還付を受けることができ、税務署の窓口が空いているというメリットもあります。
また、還付申告は過去5年分の所得税が対象となるので、還付申告を知らなかった人はこの機会に自分にも還付申告があるのか確認してみるといいですよ。
私達が一年間に支払う税金は大きいので、返してもらえるものならちゃんともらわないといけませんよね。
もしかしたら我が家にも忘れている還付申告があるかもしれないので、確認してみようと思います。
友達の中に、ふるさと納税を行っている人がいるので還付申告のこと教えてあげようかなぁ。
税金の仕組みって難しいので、知らない事がたくさんありますが、仕組みを知ったらお得な事もありそうですね。