相続相談横浜で相談

昔は、兄弟の仲も良く3兄弟ででかけることも多々あった。
実家の会社も三兄弟でどうにか継いでいけるようにといろいろな試行錯誤をして、なんとか会社を守ってきていた。
しかし、父親が体調を崩し、入院した日から寝たきり状態になってしまった。
兄弟でどうにかしていかないとと末っ子ながらに考えていた。
ある日、兄さんから話があると言われ、会議室へいくと、唐突に相続の話をされた。
意味があまり理解できずにいると、なんだかいっていることがおかしいなと不意に感じた。
これは、うまく兄に丸め込まれそうと思った。
とりあえず、相続相談横浜で評判の良い安田法律事務所に、相談をしにいくことにした。
お金のことになると、やはり兄弟でも割れることがよくあるらしい。
それを聞き、耳がいたいなと思った。
相談していると、やはり、兄のいっていたことは、少しおかしい点があり、このままだと良くない方向にいく感じだった。
いつからそんな風に考えていたのだろうかわからなかったが、これはきちんと話し合いをしないと、兄に全てもっていかれると感じた。
幸いまだ、父親が生きている。
今のうちに話をしないといけないと思った。