鍼灸の鍼とお灸

鍼灸院に行ってみたいと思っていても、鍼を体に刺すのかと思うとちょっと怖いですよね。
特に注射嫌いの人なら鍼灸治療なんて選ばないのかもしれませんが、鍼灸の際に使われている鍼は注射針と比べるととっても細いものなので、痛みはそれほどないそうですよ。
体に刺す鍼なので安全な物を使ってほしいと誰でも思いますが、現在使用されてる鍼の素材はステンレスで、使い捨てが一般的になっています。
使い捨ての鍼なら他の人が使ってものではないので安心ですよね。
お灸は肌に置いて点火しても、ほど良い熱さを感じることができ、優しい温熱刺激なので安全に行うことができます。
近年では煙がでないタイプや火を使わないタイプもあり、アロマの香りのお灸もあります。
鍼灸は街の鍼灸院で受けることができ、国家資格を持った人が施術を行うので安心です。
鍼は痛くないし、お灸はほどよく温かくて気持ちよさそうなので、私も鍼灸やってみようと思います。
最近、腰痛や肩こりなどの症状があり、鍼灸は更年期障害にも効果があるので、中年女性にオススメですよ。
また妊娠を除く女性にも効果的で、不妊鍼灸によって赤ちゃんを授かって人は多くいます。

削らない・痛くない歯医者さん

虫歯治療といういと、歯を削って銀歯をかぶせて終わりだったり、虫歯が進行してしまった歯は抜いてしまう場合もあります。
でももしかしたらその歯は削らなくても良かったかもしれないし、抜かなくても良かった歯かもしれません。
だから質のよい治療を行ってくれる歯医者さんを選ばないといけないんですね。
東京都渋谷区にある山田歯科医院は抜かない・削らない・痛くない歯医者さんで、1907年から3代続く信頼と実績のある歯医者さんです。
まずこの歯医者さんでは初回限定で90分のデンタルインタビューを行っています。
デンタルインタビューではこれまでの歯の悩みや過去の治療についてじっくりと時間をかけて伺い、その情報を元に必要な治療を提案してくれます。
日本人の多くが高齢になると歯の数は減ってしまいますが、生涯健康な歯を保つために必要な治療を提案し、歯の健康をサポートしてくれます。
インタネット限定キャンペーンを利用すれば、初診90分のデンタルインタビューが無料になるので利用するといいですよ。
今までどこの歯医者さんに行ってもよくならなかった歯科難民の人はデンタルインタビューを受けてみるといいでしょう。

エステサロンだったらあんな美肌になるのかな…

アラフォーにもなると、本当に肌の老化を感じています。
たるみとかくすみとか、本当に重力と劣化には勝てないなぁと実感しています。
若い頃は、結構美肌だって言われていたんだけどなぁ。
でも、こないだ同窓会で友達のK子に会ってめちゃくちゃ驚いてしまいました。
K子の肌がまるで20代かと思うくらいにプルプルだったんです。
高校の時からK子は特に美肌というわけではなかったのに、なんで40代になってこんな差が出ちゃうんだろう…

K子に聞いてみたら、最近エステサロンに通い始めたそうです。
こんな年齢になってエステサロンなんか通ったってそんなに変わらないだろうって諦めモードで行ったけどすっごく効果があったんだって。
それは言われなくてもK子の肌を見たらわかります。

私のこんな砂漠みたいな肌でもエステサロンに通ったらあんな美肌になれるんだろうか?
エステサロンって、考えてみたら行ったことないんですよね。
もし何も変わらなかったらショックだけど、ダメ元で行ってみようかな。
20代のころ、とまではいかなくても30代前半くらいまでの肌に戻れたらいいなぁと思います。

確定申告で還付金を受け取ろう!

確定申告をする必要が無い人でも、確定申告の手続きをすれば、払いすぎている税金の還付を受けることができます。
例えば家族の年間の医療費が合計で10万円以上になった時や、ふるさと納税のような特定の寄付をした時、災害や盗難の被害にあった時等になります。
確定申告は一般的に2月16日から3月15日の間が受付の期間ですが、還付申告のときには1月中旬頃から手続をする事ができます。
早めに手続きする事で早く還付を受けることができ、税務署の窓口が空いているというメリットもあります。
また、還付申告は過去5年分の所得税が対象となるので、還付申告を知らなかった人はこの機会に自分にも還付申告があるのか確認してみるといいですよ。
私達が一年間に支払う税金は大きいので、返してもらえるものならちゃんともらわないといけませんよね。
もしかしたら我が家にも忘れている還付申告があるかもしれないので、確認してみようと思います。
友達の中に、ふるさと納税を行っている人がいるので還付申告のこと教えてあげようかなぁ。
税金の仕組みって難しいので、知らない事がたくさんありますが、仕組みを知ったらお得な事もありそうですね。

車検には不可欠な自動車税納税証明書について

車を所有するためには、車検を避けて通ることはできません。
そのときに車検費用が掛かるのはもちろんのこと、用意すべき書類があることも知っておきましょう。
自動車税納税証明書は代表的存在です。
こちらを車検時に提示することで、自動車税をきちんと払っている証明にもなります。
そのためには、納税証明書を保管することが大切です。
しかし、なんらかの事情で失ってしまっても再発行が可能です。
登録車の場合は各都道府県の自動車税事務所で、軽自動車の場合は住所地の自治体窓口で行います。
再発行の申請に際しては、車検証(写)などの書類が必要になるため、事前に確認しておくとスムーズな手続きが可能です。
また、登録車の車検を受けるとき、所定の条件を満たす場合は、納税証明書の提示を省略できるようになりました。
その背景として、納税証明書の電子化が挙げられますが、全都道府県で対応できていないため注意が必要です。
他の都道府県へ引っ越し予定の人はもちろん、そうでない人も納税証明書はきちんと保管することをおすすめします。
なお、自動車税の納付は義務付けられているため、きちんと納付することが大切です。

産後の整体で体形がすぐに戻るのか~!

芸能人って子どもを出産してもすぐに復帰しますよね~。
驚くのは「本当に子ども産んだの?」ってほど、みんなほっそりしていることです。
私なんて息子産んだ時の臨月の体重、3年も維持してるんですけど(笑)

ママ友のAさんが言ってたんだけど、産後の体形戻しに整体に通う人が結構いるそうなんです。
出産の後って、骨盤がすごく緩んでいるそうなんです。
なので、そのままにしておくと歪んだままの骨盤にでは下半身に脂肪がたっぷりとついちゃうみたいなんですよね。
逆に、その緩んだ骨盤をしっかり締めると、ダイエット効果が高いそうです。

そういうの知ってたら、私も産後ダイエットに成功したかもしれないなぁ。
でも、実は今二人目を妊娠中なので、今度こそ産後の整体ですぐに引き締まった体に戻すぞ!
と、旦那に宣言したら「元に戻すって言っても、元々引き締まってないけど」と言われてしまいました。
それを言われてしまったら何にも言えないんだけど(笑)

次は女の子の予定なので、すごく楽しみです。
産後ダイエットに成功して、娘とお揃いのワンピースとか着るの憧れるなぁ!
今度こそ、緩んだ体を維持しないように頑張るぞ!

引きこもり支援で新たなスタートを

学校へ行けなくなった、部屋から出てこなくなったなど、お子さんのことで悩む親御さんは少なくありません。
「学校へ行くのが当たりまえ」との想いが強いため、お子さんを責める人もいます。
いちばん苦しいのは、ほかでもない本人なのです。
しかし、世間体も手伝い、お子さんを叱責したり追い込んだりしてしまいます。
もちろん「不登校」のお子さんに対する風当たりは、以前よりは緩和されてきました。
それでも、心ない言葉を浴びせる人も少なくありません。
また、不登校の時期が長引けば長引くほど、出口が見つからないかもしれません。
そのような状況を改善するためにも「引きこもりの支援」への相談をおすすめします。
こちらを手掛けているのは「NPO法人ニュースタート事務局」。
「訪問活動」と「共同生活寮」の2つのサポートにより、お子さんの新たなスタートを応援しています。 
その結果、2015年の卒業生は、就労率80%という結果にもつながっています。
なお、引きこもりをしているのは、社会人も少なくありません。
みなさん、自分自身と闘いながら社会に出ることを目指しています。
お子さんの将来のためにも、「NPO法人ニュースタート事務局」に相談してはいかがでしょうか。

歯科経営の悩みはグループコンサルティングで

私たちが健康で過ごすためには、医療機関との付き合い方が大切です。
特に、歯科医院は身近な存在といえます。
そのため、治療方針はもちろん、院内の設備などによって歯科医院を選ぶ患者さんも少なくありません。
それだけに、いかにして経営するかが歯科医院の大きな課題になります。
しかし、歯科経営の悩みを相談できる機会を見つけることは大変です。
医院のスタッフにも相談できないかもしれませんね。
そのような経営者にとって「歯科経営塾」は大変心強い味方ではないでしょうか。
こちらは、5人でのグループコンサルティングを行なうため、少人数で学べるメリットがあります。
コンサルティングに参加することで、悩みを直接解決できるチャンスも生まれます。
参加者は1医院1人(理事長、院長)で、参加は1度きりですが、それだけで十分価値がある内容だといわれています。
歯科経営塾が手掛けている、具体的なアドバイス(抽象的ではない)にも注目です。
実際、歯科経営塾に参加した人からは、経営が上向きになったという喜びの声が数値とともに寄せられています。
そのため、歯科経営を見直したい人は歯科経営塾に参加してはいかがでしょうか。

パートでも確定申告は必要なの?

私のパート先にはパートを掛け持ちしている人が数人いて、私も103万円も稼いでいないのでいつか掛け持ちしたいと考えています。
パートを掛け持ちするとなると気になるのが確定申告で、パートでも掛けもちしていたり年収が103万円以上になると確定申告が必要になります。
パート先で年末調整をしてくれるので確定申告なんて不要だと思っているかもしれませんが、年末調整を行ってくれるのは1社だけなので複数パートしている場合には確定申告が必要になるのです。
またパートの収入が年間で103万円未満であっても月収が88,000円以上の収入がある場合には所得税や復興特別所得税が引かれている場合があります。
年末調整を行っていれば確定申告の必要はありませんが、年末調整をしていない場合には確定申告をすることで税金が戻ってくる可能性もあります。
確定申告なんて面倒に感じますが、少しでもお金が戻ってくるのは嬉しいものですよね。
会社が年末調整をしてくれたのか確認するには給与所得者の扶養控除等(異動)申込み書を甲欄扱いで会社に提出しているかでわかりますが、わからない場合にはパート先に確認してみましょう。

無料法律相談の弁護士は担当制

法律トラブルを抱えてしまった場合には弁護士を通じて解決した方が早い事が多いですが、費用の面などで躊躇してしまう人は多いでしょう。
まずは自分が抱えている問題が法律で解決できるのか、無料法律相談を利用してみるといいですよ。
無料法律相談は地方自治体、弁護士会、法テラスで行っており、30分だけですが無料で相談に乗ってくれます。
無料法律相談は弁護士会に所属している弁護士が担当制で相談に乗ってくれますが、自分の抱えている問題に強い弁護士だとは限りません。
弁護士の分野には労働問題、離婚、交通事故、相続などたくさんあり、全ての分野に強い弁護士はほとんどいないでしょう。
専門分野以外の弁護士に依頼をすると、悪い結果つながる事もありますが、弁護士に無料で相談できる良い機会になります。
無料相談後に自分の抱えている問題とは合わない弁護士と感じたら、その問題の専門分野に強い弁護士を探してみましょう。
弁護士に相談すると言うことはとっても敷居の高いものですが、無料法律相談ならお金がかからないので気軽に相談する事ができます。